福森 加苗 オフィシャルブログサイト

福森 加苗 オフィシャルブログサイト

包容力のある会社とは?

包容力のある会社とは?

包容力のある会社と言われイメージするのは社員を大切に扱い、

生活面までサポートしてくれる様な福利厚生が充実している会社だと重いのではないでしょうか?

しかし、会社はボランティアではありません。

今は昔と違い年功序列で会社に忠誠をし、

勤続年数が長ければ評価が上がっていくと言うケースは減ってきています。

今は転職情報や転職支援サービスも増え、

売り手(会社員)が自由に転職しやすい環境であり、

また企業側も良い人材を集めやすい環境であります。

1社で定年まで勤める人は激減し、

転職を自己のステップアップのスピード化として活用する人が増えています。

このような状況を受け、企業側もドライな考えを持ち、

福利厚生など社員に対するケアを減らし、業績に貢献する人材には給与で対価を与え、

逆に仕事のできない人には対価を減らす傾向にあります。

もしスタッフが退職したら新たな人材を補充すれば良い言う傾向があります。

もちろんその人材のポジションの重要度によって異なりますが、

一般職であれば社員の入れ替えは常にあると考えているでしょう。

また、サラリーマンは経営者と違い、

会社を変更することが容易であることも雇われの特権であることも事実です。

さて、この様な環境下でこれからの時代、

タイトルに掲げた包容力のある会社とはどの様な企業を指すのでしょうか?

「包容力」とは過ちや欠点を含め、

相手の様々な点を受け入れる心の広さがあることを指す言葉です。

これを企業に当てはめると社員を単なる使い捨てではなく

個人の能力の欠点を受け入れその企業において

その社員をどう活用するべきか教育も含め面倒見が良い会社と言えます。

上記を踏まえると、やり手のビジネスマンなどは包容力のある会社など甘ったるく、

包容力のある会社より自分の力が発揮でき、その対価を明確に評価され稼げる会社を目指すので

この様な包容力のある会社には魅力を感じないかもしれません。

逆にネガティブ思考や保守的な人物はこの様な包容力のある会社に魅力を感じるでしょう。

この両者を見比べて言えることはやり手のビジネスマンが集まる稼げる会社とは

その会社に属していることで稼げる会社であると言う位置付けなので、

他に良い会社が見つかったらすぐに転職されてしまう可能性があります。

またその人物が営業職であれば顧客を奪われたり、

技術職であれば技術を奪われたり、

転職する人間は次の会社での自己アピールのため現職で蓄えたものを盗めるものは盗んでいきます。

この様な環境が続く会社であれば組織力を築き上げることは難しいでしょう。

逆に包容力のある会社には保守的な人物が集まり、

じっくりと腰を据えた人が増えますので転職率の低下が期待できます。

保守的な人間であるのはマイナスではなく

慎重な人間だからこそ力を出し合う必要性を理解していますし、 冷静に物事を考えることに長けています。

包容力のある会社はじっくりではありますが

しっかりと会社のために働いてくれる人物があつまり教育を施すことで 個人能力を上げ、最終的には強靭な組織力を持つ土台が強い会社になると言えます。

これからの時代、どの様な業種にどんな人材が集まるかはわかりません。

しかし、サラリーマン人生において最終的には安心できる会社を求める人は多く存在します。

包容力の会社を築き上げることで

社員が集まる、強い企業になることが想像できますよね。

———————————————————–

女性を味方につけたいあなたに、

ぜひお届けしたいメルマガを書いております。

↓↓↓ご登録はコチラ

https://www.kanaefukumori.tokyo

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK