福森 加苗 オフィシャルブログサイト

福森 加苗 オフィシャルブログサイト

男性社員が理解に苦しむ20~30代女性の本音と建前とは?

男性社員が理解に苦しむ20~30代女性の本音と建前とは?

男性の方から見て、女性ってなかなか本音をいいませんよね?

それは相手を気遣って本音を言わない場合と

自分にデメリットがあるから言わない場合、どちらのパターンでも値します。

相手が知人男性の場合は、

恋愛への発展性やコミュニケーションを取る上での

自分の立ち位置などを考えてどう接するか態度を決めます。

男性でも同じですが、本音を言えるのは心底気心が知れた

理解のある人にしかいえませんよね?

また、対女性の場合では問題を起こさず仲良くやりたい、

敵にしたくないなどの表面上の協調性を優先にした建前が現れます。

共通して言える理由は

女性は「保守的」な生き物だからです。

女性は体力的に男性より弱く、本能的に守られる思考を持っています。

そのため、男性に対しては自分との関係性を考えた上で態度を変え、

女性同士ではなるべく敵をふやさない仲良しこよしを続ける。

これが共通する女性の思想です。

特に20~30代の女性であればプライベートでの恋愛、結婚、子育て。

仕事上でのステップアップ、家庭とのバランスなど。

男性は働き続けなければならない立場ではありますが、

タイムリミットに縛られる期間が女性ほどありません。

男性は年を取っても若い女性と結婚すれば子供を持つことはできますが、

女性はそうはいきません。

人生設計を立て、期間内にその目標に向かって進まなければいけません。

正に守りながらも攻めなければならない状況・・・

特に20~30代の女性は人生のターニングポイントとして重大な時期に置かれているのです。

このような状況から幸せな道を切り開くには

本音と建前をうまく活用しなければならないわけなのです。

女性の間ではそのことをお互いに理解しながら

一見、ドライな関係を続けられますが、

世の中の男性は意外と女性の距離感を理解していない事が多いようです。

そのため軽はずみな発言などで

もしかしたら女性を敵にしてたりしないでしょうか?

女性の本音と建前は性格のよし悪しなどではなく、

自分の人生をかけた大芝居だと言っても過言ではありません。

そのあたりを理解してあげて

会社内でも男性は女性と接してもらえるともっと良い女性社会が進化するかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

女性は色々と考えなければならないことが多く、

上手く生き抜くには本音と建前を使い分けなければならないことがちょっとはご理解できたかと思います。

これはもちろん男性も同じだとは思いますが、

男性との大きな違いは「保守的」と言うところです。

子供ができれば家庭での仕事ができ、

旦那さんと足並みを揃えなければなりません。

女性一人で安定した収入があり、

一生働きながら一人で子育てをするなら話は別ですが、

このような女性はまだまだ一般的ではありません。

一人では自由に生き抜けない今の女性社会では

男性に守ってもらうための生き方として、

「本音と建前」があるのが当たり前と考えるべきだと言えます。

もっと女性が伸び伸びと生活できる社会環境になれば

そんな本音と建前もなくなるかもしれませんね(笑)

———————————————————–

女性を味方につけたいあなたに、

ぜひお届けしたいメルマガを書いております。

↓↓↓ご登録はコチラ

https://www.kanaefukumori.tokyo/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK