福森 加苗 オフィシャルブログサイト

福森 加苗 オフィシャルブログサイト

女性が大好きなアイテム

女性の口癖は「可愛い〜」である事は大半の男性も知るところだと思います。何を見ても可愛い、と表現します。
子猫や子犬や赤ちゃんはもちろん、色の綺麗なお菓子や、美しいフラワーアレンジ。レースの綺麗な洋服やら色使いの素敵な靴…ともするとごつい男性の照れた仕草に至っても「可愛い」と言うのです。
昨今では海外でも「kawaii」という単語が英語のcuteを表すという事が浸透し始めてもいるくらいです。

では、何故女性はそんなに可愛いものが好きなのでしょうか。
それは女性が持っている「母性」がそうさせている、という説があります。
このことは人気のある有名キャラクターの殆どが顔の輪郭と目の位置が赤ちゃんと同じような配置になっていますし、体が小さく2等身や3等身のものが多いことでうなずけるのではないでしょうか。
つまり、赤ちゃんを連想させるものを「可愛い」と思うことはすなわち母性本能で、そう思えるからこそ子育て出来るのだ、ということです。

また、自分が幼い頃に身につけた物などで、他者から「可愛い」と褒められたであろう物にも敏感に反応します。
リボン、ハート、水玉(ドット)、チェック、花柄、パステルカラーなどはその象徴でしょう。
妙齢になった女性でも流石に洋服には抵抗があっても小物にはこれらの要素のあるものを好む人は実に多いのです。
褒められた記憶は、女性には何よりも宝物であるからだと思います。

好きな物、そのものが柄になっている物も好まれる傾向にあります。例えば猫や犬の動物や、スイーツ、エッフェル塔などです。
女性のステイタスシンボルの1つであるブランドのバックの場合、見ただけでそのブランドであると分かるバッグが売れているのは「自分が身につけているものはそのブランドである」ということを万人に知って欲しいからなのです。
某有名店のハート型のペンダントが予約しても買えない時があったのも、それと同じ心理であると思われます。
男性は車が好きでも、自分の車の柄の入ったシャツを着る人はあまりいないと思いますが、エンブレムのついたキーホルダーなどは好んで持つ事があるでしょう。
それは「ステイタスシンボル」その物は車本体であるため、気付く人にだけ気付いて欲しい、という事の現れなのです。

女性にとって人気の出るアイテムは、可愛いものであること、そして一目見たらどこの製品であるかが分かるデザインである事が必要不可欠であると言えそうです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK